NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.07.18:土星の写真に星が写っていない理由とは

calendar



オリジナル英文URL:Not Really Starless at Saturn

Saturn’s main rings, along with its and moons, are much brighter than most stars.

Last Updated: July 18, 2016
Editor: Martin Perez


土星に星が無いわけではない

土星の環と、それに伴う衛星は、ほとんどの星々よりも明るいです。

訳者注

NASAは、土星を撮影する際は、その輝度のために露光を極めて短時間にしなければならず、結果として他の星々が映らないのだと伝えています。

この画像のデータによりますと、2016年4月2日に、土星の環の水平面より約3度の太陽の光があたっている側から、土星探査機カッシーニ搭載の広角カメラで可視光で撮影されました。この場合の露光時間は10ミリ秒とのことです。

土星から約257,000マイル(413,000キロ)の距離で、解像度はピクセル当たり15マイル(25キロ)です。

写真の土星の環の左上が、衛星ディオネ(直径698マイル、1,123キロ)で、右上が衛星エピメテウス(直径70マイル、113キロ)です。

 

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

この記事をシェアする