NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016年8月11日・12日は、ペルセウス座流星群による大天体ショー!

calendar



An outburst of Perseid meteors lights up the sky in August 2009 in this time-lapse image. Stargazers expect a similar outburst during next week’s Perseid meteor shower, which will be visible overnight on Aug. 11 and 12.
Credits: NASA/JPL

ペルセウス座流星群が2009年の8月に現れた際の長時間露光写真です。来週の8月11日と12日に一晩中見られるであろうペルセウス座流星群も、同じように素晴らしい天体ショーを見せてくれることを期待しています。

オリジナル英文URL:Look Up! Perseid Meteor Shower Peaks Aug. 11-12

Make plans now to stay up late or set the alarm early next week to see a cosmic display of “shooting stars” light up the night sky. Known for it’s fast and bright meteors, the annual Perseid meteor shower is anticipated to be one of the best potential meteor viewing opportunities this year.

来週の夜空を彩る「流れ星」の天体ショーを見るために、夜更かしするか、目覚ましをセットすることになりますね。スピードが速く、輝きも明るいことで知られる、毎年恒例のペルセウス座流星群ですが、特に今年は、観測するには最高の年ななるだろうと予測されています。

The Perseids show up every year in August when Earth ventures through trails of debris left behind by an ancient comet. This year, Earth may be in for a closer encounter than usual with the comet trails that result in meteor shower, setting the stage for a spectacular display.

ペルセウス座流星群は、地球があたかも太古の彗星の痕跡を探す冒険をするように毎年8月に現れます。今年は彗星がもたらす流星群と、いつもより近い距離となるので、素晴らしい天体ショーになると思います。

“Forecasters are predicting a Perseid outburst this year with double normal rates on the night of Aug. 11-12,” said Bill Cooke with NASA’s Meteoroid Environments Office in Huntsville, Alabama. “Under perfect conditions, rates could soar to 200 meteors per hour.”

「今年のペルセウス座流星群については、8月11-12日の夜には通常の2倍の流星が見られるとの予測しています。」と、アラバマ州ハンツビルにあるNASAの流星環境事務所のビル・クックは述べています。「条件が良ければ、1時間に200の流星を見られるはずです。」

An outburst is a meteor shower with more meteors than usual. The last Perseid outburst occurred in 2009.

通常の年の流星群より、はるかにたくさんの大流星群となります。過去にここれだけの流星群となったのは2009年以来のことです。

Every Perseid meteor is a tiny piece of the comet Swift-Tuttle, which orbits the sun every 133 years. Each swing through the inner solar system can leave trillions of small particles in its wake. When Earth crosses paths with Swift-Tuttle’s debris, specks of comet-stuff hit Earth’s atmosphere and disintegrate in flashes of light. These meteors are called Perseids because they seem to fly out of the constellation Perseus.

すべてのペルセウス座流星は、すべて133年周期で太陽の周りを周回するスウィフト・タットル彗星の小さな破片です。太陽系の内側で、楕円軌道を描く際に、軌道上に小さな破片を残していきます。地球の軌道をスウィフト・タットル彗星が横切ると、小さな破片が地球の大気に衝突して、光り輝き、消滅していきます。この彗星が、ペルセウス星座の辺りうぃ飛んでいるように見えるため、これらの流星がペルセウス座流星群と呼ばれています。

訳者注

今年は、例年になくスウィフト・タットル彗星が地球の近くを通過するために、ペルセウス座流星の観測がしやすい年だそうです。

ペルセウス座流星-Wiki

ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

ペルセウス座流星群の放射点

母天体は周期133年のスイフト・タットル彗星である。この彗星は1862年にスイフトとタットルによって発見され、イタリアの天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリによってペルセウス座流星群の母天体ではないかと指摘された。彗星が流星群の母天体であると指摘されたのはこれが最初である。当初は1982年頃にスイフト・タットル彗星が回帰するとされていたが発見されなかった。しかし、ブライアン・マースデン博士の研究結果及び、1991年と1992年にペルセウス座流星群が平年の2倍以上という大出現をしたことから母彗星も回帰すると予測され、その年の9月27日に日本のコメットハンター木内鶴彦がスイフト・タットル彗星を再発見した。

Rhiannon Blaauwが、今年の天体ショーについて語っています。

流星群がよく見える時間は、午前3時から明け方なので、コーヒーやソーダなどの眠気覚ましが要るかもねとのことです。

この記事をシェアする