NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.08.10:赤外線で見た土星の雲

calendar



オリジナル英文URL:Infrared Saturn Clouds

This false-color view from NASA’s Cassini spacecraft shows clouds in Saturn’s northern hemisphere. The view was made using images taken by Cassini’s wide-angle camera on July 20, 2016, using a combination of spectral filters sensitive to infrared light at 750, 727 and 619 nanometers.

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute/Kevin M. Gill
Last Updated: Aug. 10, 2016
Editor: Sarah Loff


赤外線でみた土星の雲

NASAの探査機カッシーニの画像に着色したこの画像は、土星の北半球を覆う雲を示しています。カッシーニ搭載の広角カメラで、750、727及び619ナノメートルの赤外光にスペクトルフィルタの感度を組み合わせて、2016年7月20日に撮影しました。

訳者注

カッシーニの画像にNASAのジェット推進研究所のエンジニアであるケビン・ギルが、着色したとのことです。

土星の大気中の主成分であるメタンが、太陽の光を受けてこんな状態に見えるようです。

 

この記事をシェアする