NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.09.17:グリーンランドの氷床にみる今夏の影響

calendar



オリジナル記事:NASA’s IceBridge Observes Effects of Summer Melt on Greenland Ice Sheet

NASA’s IceBridge, an airborne survey of polar ice, flew over the Helheim/Kangerdlugssuaq region of Greenland on Sept. 11, 2016. This photograph from the flight captures Greenland’s Steenstrup Glacier, with the midmorning sun glinting off of the Denmark Strait in the background. IceBridge completed the final flight of the summer campaign to observe the impact of the summer melt season on the ice sheet on Sept. 16.

The IceBridge flights, which began on Aug. 27, are mostly repeats of lines that the team flew in early May, so that scientists can observe changes in ice elevation between the spring and late summer. For this short, end-of-summer campaign, the IceBridge scientists flew aboard an HU-25A Guardian aircraft from NASA’s Langley Research Center in Hampton, Virginia.

Image Credit: NASA/John Sonntag
Last Updated: Sept. 17, 2016
Editor: Sarah Loff


NASAのIceBridgeが、グリーンランドの氷床の夏の氷解の影響を観察

NASAのIceBridgeが、北極の氷の空中調査をするため、2016年9月11日にグリーンランドのHelheim/ Kangerdlugssuaq地方上空を飛行しました。この写真は、飛行中に撮影したデンマーク海峡の午前中の太陽のきらめきを背景にしたグリーンランドのステーンストルプ氷河です。IceBridgeは、氷床の夏の氷解の影響を観察する今夏の任務の最終飛行を9月16日に完了しました。

8月27日に始まったIceBridgeの飛行は、主に科学者たちが春と夏の終わりの間に氷の高さの変化を観察するため5月の初めから繰り返し観測していた地帯をなぞって飛行します。この短い、夏の任務では、IceBridgeの科学者は、バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究センターからHU-25Aガーディアン航空機に乗って飛びました。

訳者注

NASAのIceBridgeの活動については、専用のサイトがあります。

IceBridge

8月末に氷河を撮影している写真はこちら

この記事をシェアする