NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.09.28:太陽の海面反射で見えるのは

calendar



オリジナル記事:Water Swirls, Gulf of St. Lawrence

Orbiting above eastern North America, a crew member on the International Space Station photographed a dense pattern of eddies in the Gulf of St. Lawrence. Caught briefly in the Sun’s “glint point,” reflections off the water surface show an interlinked mass of swirls and eddies in the shallow water north of Prince Edward Island.

Image Credit: NASA
Caption: M. Justin Wilkinson, Texas State University, Jacobs Contract at NASA-JSC
Last Updated: Sept. 28, 2016
Editor: Sarah Loff


北米東部の上空を周回しながら、国際宇宙ステーションの乗組員が、セントローレンス湾の渦が密集している様子を撮影しました。 太陽の海面反射は、プリンスエドワード島の北にある浅瀬に渦まく渦同士が影響し合っている状態を示しています。

訳者注

撮影に関する情報が開示されています。

ISS nadir point: 47.2° N, 72.1° W

Photo center point: 47.6° N, 63.4° W

Nadir to Photo Center: East

Spacecraft Altitude: 215 nautical miles (398km)

場所はこちら

記事中に出てくる[the Sun’s “glint point,”]サングリント,太陽の海面反射ですが、NASAではこんな画像も作っています。

この記事をシェアする