NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.11.10:火星の岩の不思議な風紋

calendar



オリジナル記事:Wind Carved Rock on Mars

The distinctively fluted surface and elongated hills in this image in Medusae Fossae are caused by wind erosion of a soft fine-grained rock. Called yardangs, these features are aligned with the prevailing wind direction. This wind direction would have dominated for a very long time to carve these large-scale features into the exposed rock.

Additional image data: HiRISE, University of Arizona
Image Credit: NASA/JPL/University of Arizona
Caption: Michael Mellon
Last Updated: Nov. 10, 2016
Editor: Sarah Loff


風に刻まれた火星の岩

メデューサ・フォッサでの画像に見られる特徴的な縦溝流路と細長い突起は、柔らかく細かい岩石が風侵食にあって引き起こされたものです。ヤルダンと呼ばれるこれらの作用は、主に風の吹きつける向きに沿っておこります。その風は、岩石表面にこれらの大規模な風紋を残すまでに非常に長い時間をかけて吹き付けていたことでしょう。

訳者注:

こうした風紋が刻まれる地形は、岩盤の上に火山灰、大気塵、細かい砂のようなものが堆積したセメントのようになっているところに風が吹き付けることでできまるとNASAでは伝えています。

なお、この画像はNASAの火星探査機の高解像度カメラ(HiRISE)により、2016年6月28日の火星時間15:25に撮影したとのことです。

Yardang – Wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Yardang
A yardang is a streamlined protuberance carved from bedrock or any consolidated or semiconsolidated material by the dual action of wind abrasion by dust and sand, and deflation which is the removal of loose material by wind turbulence.

 

 

この記事をシェアする