NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.12.31:2017年の最後はJAXAの衛星

calendar



オリジナル記事:Small Satellite Deployed From the Space Station

A satellite is ejected from the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) Small Satellite Orbital Deployer on the International Space Station on Dec. 19, 2016. The satellite is actually two small satellites that, once at a safe distance from the station, separated from each other, but were still connected by a 100-meter-long Kevlar tether.

Image Credit: NASA
Last Updated: Dec. 31, 2016
Editor: Sarah Loff


宇宙ステーションから配備された小型衛星

衛星は、2016年12月19日に国際宇宙ステーションのJAXA(宇宙航空研究開発機構)「きぼう」実験棟から放出されました。衛星は実際には2つの小型衛星で、宇宙ステーションから安全な距離にあり、分離されてはいても100メートルの長さのケブラーテザーによって接続されていました。

訳者注:

アメリカ人には大晦日や新年という日に日本人ほど特別な意識はありません。

2016年最後の「今日の1枚」には珍しくJAXA関連記事となりました。

さて来るべき2017年はどうなりますか。

では、よいお年をお向えください。

参考リンク:静岡大学 能見研究室 STARS プロジェクト ホームページ

STARSは、正式名称 “Space Tethered Autonomous Robotic Satellite” であり、また STAR(星)が複数であることを表しています。 近年、世界的に活発に開発されている大学衛星であり、宇宙機械制御システムとしての特徴を持ちます。 宇宙空間において、テザーと呼ばれるロープ、ワイヤを伸展し、ロボットによる制御システムであり、 宇宙デブリ(ゴミ)除去や、宇宙エレベータを目標とした宇宙実験を行う衛星シリーズです。

この記事をシェアする