NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2017.02.09:朝起きたら湖に水があった!?

calendar

オリジナル記事:Sunrise at Rogers Dry Lake

A sunrise photo of Edwards Air Force Base’s Rogers Dry Lake was taken after heavy rainfall in southern California. NASA’s Armstrong Flight Research Center is seen in the foreground.

Image Credit: NASA/Lauren Hughes
Last Updated: Feb. 9, 2017
Editor: Sarah Loff


ロジャース・ドライ・レイクの日の出

このエドワーズ空軍基地のロジャース・ドライ・レイクの日の出の写真は、南カリフォルニアの大雨の後に撮影されました。 前方に見えるのがNASAのアームストロング・フライト・リサーチ・センターです。

訳者注:

湖に水があってどうした?ということですが、ここはもともと水のない地帯でNASAや米軍が主に滑走路として使用しています。スペースシャトルの試験もここで行われました。ロジャース・ドライ・レイクは無理に日本語訳にするとロジャース乾湖となります。

カリフォルニアはご存知のようにほとんど雨が降らず、旱魃が何日続いているという報道ばかりが多いです。が、たまに雨が降ります。

雨が降って、屋根に穴が開いたままだったことに初めて気が付いたという話はよく聞きます。ロス近郊に書店が新装オープンした日に雨が降り、雨漏りで新書が台無しになったというニュースもありました。多くの家には雨どいというものはありません。

ちなみに下図は通常時のロジャース・ドライ・レイクとエドワーズ空軍基地です。