NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2017.03.16:最新式の宇宙望遠鏡を取り巻く幽霊の正体とは

calendar

オリジナル記事:NASA’s Webb Telescope Ghostly ‘Lights Out’ Inspection

The technicians who are inspecting the telescope and its expansive golden mirrors look like ghostly wraiths in this image as they conduct a “lights out inspection” in the Spacecraft Systems Development and Integration Facility (SSDIF) at NASA’s Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Maryland.
Image Credit: NASA/Chris Gunn
Text: NASA/Rob Gutro
Last Updated: March 16, 2017
Editor: Lynn Jenner


NASAのウェッブ望遠鏡を幽霊が光を当てて検査している

マサチューセッツ州グリーンベルトにあるNASDのゴダード宇宙飛行センターの宇宙機システム開発・統合施設(SSDIF)で、望遠鏡とその広大な金色の鏡を「光を当てて検査」している技術者は、あたかも幽霊のように見えます。

訳者注:

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を検査する際に、どんな微小な汚れも見逃さないように暗室で紫外線など各波長の光を照射して検査しているとのことです。その様子を写真に収めるため露出を長めに撮影したところ、検査しているエンジニアたちはまるで幽霊のように写ってしまったとのことです。

この記事をシェアする