NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2017.08.04:【動画】今週のNASA プロキシマbには地球のような大気は存在しない

calendar

Earth like Atmosphere Unlikely to Survive Exoplanet’s Orbit on This Week @NASA – August 4, 2017

Scientists are studying our closest Earth-size exoplanet neighbor – Proxima b – to determine if it’s habitable. A recent computer simulation has provided good data on the question. Using Earth as a model – the simulation placed a planet with an Earth-like atmosphere into Proxima b’s orbit around its host star, Proxima Centauri. The simulation determined that the planet would likely lose its atmosphere from the effects of Proxima Centauri’s intense radiation and frequent flaring. Observations from our Chandra X-ray Observatory and other data were used for the simulation. Also, Getting a Feel for Eclipses, SOHO Reveals Rapidly Rotating Solar Core, Curiosity’s Five-Year Anniversary on Mars, and Putting NASA Earth Science to Work!
科学者たちは、人類が居住可能かどうかを判断するため、太陽系に最も近く大きさも地球に似ている惑星 – プロキシマb – を研究しています。 最近のコンピュータシミュレーションでは、その研究について結論を得るのに十分なデータが得られています。 地球をモデルとして使用し、地球のような大気を持つ惑星を恒星プロキシマを周回するプロキシマbの軌道に置いたもので、Chandra X線天文台からの観測やその他のデータもシミュレーションに使用しました。このシミュレーション結果から、恒星プロキシマから放出されている強い放射線と、頻繁する強烈な熱放射の影響から惑星は大気を失う可能性があると判断できます。

この記事をシェアする