NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.2.25:オーロラ上空を通過

calendar

オリジナル英文URL:Flying Through the Aurora’s Green Fog

Expedition 46 crew member Tim Peake of the European Space Agency (ESA) shared a stunning image of a glowing aurora taken on Feb. 23, 2016, from the International Space Station. Peake wrote, “The @Space_Station just passed straight through a thick green fog of #aurora…eerie but very beautiful. #Principia”

Image Credit: ESA/NASA
Last Updated: Feb. 25, 2016
Editor: Sarah Loff


緑色の霧のようなオーロラ上空を通過

第46次長期滞在クルーの欧州宇宙機構(ESA)のティム・ピークが、2016年2月23日に国際宇宙ステーションからの素晴らしいオーロラ写真をSNSでシェアしました。ティムは「宇宙ステーションが緑色の霧のようなオーロラの中をまっすぐに進んでいるんだけど、ちょっと気味が悪いような...でも、とても美しい!」と書き込んでいます。

(訳者注)

この記事に関連したNASAのページにはオーロラについて、以下のように記載されています。

The dancing lights of the aurora provide spectacular views on the ground, but also capture the imagination of scientists who study incoming energy and particles from the sun. Aurora are one effect of such energetic particles, which can speed out from the sun both in a steady stream called the solar wind and due to giant eruptions known as coronal mass ejections or CMEs.

オーロラがゆらめく様子は地上に素晴らしい景観を提供してくれますが、太陽からの粒子やエネルギーを研究している科学者たちにも様々な想像を働かすきっかけを提供してくれます。オーロラは、太陽からの、いつもの太陽風と呼ばれるものと、コロナ質量放出(CME)として知られるものの、二つのエネルギー粒子により引き起こされる現象です。

コロナ質量放出(コロナしつりょうほうしゅつ、Coronal mass ejectionCME)とは、太陽活動に伴い、太陽から惑星間空間内へ突発的にプラズマの塊が放出される現象。宇宙飛行士や飛行機パイロットの人体に与える影響も大きい。

この記事をシェアする