NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.01.12:二酸化炭素の気化の様子がまるで「蜘蛛」

calendar

オリジナルURL:Starburst Spider

Mars’ seasonal cap of carbon dioxide ice has eroded many beautiful terrains as it sublimates (goes directly from ice to vapor) every spring. In the region where the High Resolution Imaging Science Experiment (HiRISE) camera on NASA’s Mars Reconnaissance Orbiter took this image on Feb. 4, 2009, we see troughs that form a starburst pattern.

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

Last Updated: Jan. 12, 2016
Editor: NASA Administrator

火星では、毎年春になると二酸化炭素の浸食(氷から直接気化することから)により春の季節をあらわす穴ぼこができて美しい地形を作り出します。この写真は2009年2月4日にNASAの火星探査機オービターの高解像度学術イメージングカメラ(HiRISE)で撮影したものの中でガスが放射状に拡がる様を見ることができる部分です。

(訳者注)NASAの記事によると、この写真は1キロ(0.6マイル)の領域だそうです。「蜘蛛」というのは単に見た目のイメージのようです。(以下原文)

 In other areas these radial troughs have been refered to as spiders, simply because of their shape.

この記事をシェアする