NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.03.29:【更新】Hitomi(ASTRO-H)の通信障害

calendar

reload

2016.03.29:【更新】Hitomi(ASTRO-H)の通信障害

NASAとリンクされたJAXAの英語サイトに掲載された最新情報です。

Mar. 29, 2016 Updated
Current Status of Communication Anomaly of X-ray Astronomy Satellite “Hitomi” (ASTRO-H) (Mar. 29)
JAXA has been trying to communicate with the X-ray Astronomy Satellite “Hitomi” (ASTRO-H), using ground stations both in Japan and overseas.

By utilizing two opportunities of communicating with Hitomi, JAXA received signals from the satellite: the first time was at about 10:00 p.m. on 28 at the Uchinoura Ground Station, and the second one was at around 0:30 a.m. on 29 at the Santiago Tracking Station in Chile. JAXA has not been able to find the state of its health, as the time frames for receiving the signals were very short.

According to the U.S. Joint Space Operations Center (JSpOC), it is estimated that Hitomi separated to five pieces at about 10:42 a.m. on 26. In order to investigate the situation, JAXA is observing the objects, using a radar located at the Kamisaibara Space Guard Center (KSGC) and telescopes at the Bisei Space Guard Center (BSGC) owned by the Japan Space Forum. Up to now, the telescopes at BSGC detected two objects around the satellite’s original orbit, while the radar at KSGC identified one of them. It is confirmed that the signal received at the Santiago Tracking Station came from the orbital direction of the object identified at KSGC.

JAXA continues to investigate the relationship between the information from JSpOC and the communication anomaly.

JAXA will do its atmost to recover communications with Hitomi and investigate the cause of the anomaly.

JAXAの日本語サイトに掲載された情報です。

X 線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の状況について(3月29日更新)
2016年3月29日(火)

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)について、引き続き国内外の地上局を用いて継続的に通信を試みております。
3月28日(月)以降、これまでに衛星からの電波を2回の通信機会で受信しました。1回目の受信は、内之浦宇宙空間観測所にて、3月28日(月)22時 頃、2回目はサンチャゴ局にて3月29日(火)0時半頃です。いずれも極めて短い時間の受信であり、衛星の状態は確認できておりません。

一方、米国JSpOC(国防総省戦略軍統合宇宙運用センター;Joint SpaceOperations Center)から3月26日(土)10時42分頃に衛星が5つの物体に分かれたものと推定しているとの情報が公表されています。これについて、JAXA として事実関係を確認するため、(一財)日本宇宙フォーラム所有の上齋原スペースガードセンター(KSGC)のレーダおよび美星スペースガードセンター (BSGC)の望遠鏡による観測を行っております。これまでのところ、BSGCにおいて当初の「ひとみ」の軌道近傍に2つの物体を確認し、KSGCでもそ のうちの1つの物体を確認しております。 なお、上記サンチャゴ局で受信できた電波は、KSGCで観測した物体の軌道方向からのものであることを確認しています。 JAXAとしては、JSpOCが公表している情報および今回の通信異常との関係について引き続き確認中です。

引き続き衛星の通信の復旧及び原因調査について機構をあげて取り組んでまいります。

※時刻はすべて日本時間です。


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする