NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

【動画】2016.04.08:今週のNASA

calendar

This Week@ NASA, April 8, 2016

NASAが選んだ今週の動画は以下の7項目です。

SpaceX社のドラゴン貨物輸送船がISS(国際宇宙ステーション)に向けて打ち上げ
宇宙ステーションで収穫した種をホワイトハウスの庭に
グランフェルドが4月30日で退任
オリオン宇宙船の耐水衝撃試験
SLSの燃料タンクが完成
環境保護に取り組む航空技術
NASA本部の女性たち

4分半弱の動画で、動画の音声の英語と日本語訳を掲載しています。


英語

“Here’s some of the stories trending This Week at NASA!”

SpaceX Dragon Launches to the ISS

A SpaceX Dragon cargo spacecraft launched aboard a Falcon 9 rocket on April 8, from Cape Canaveral Air Force Station in Florida to resupply the International Space Station. Among the almost 7,000 pounds of science research, crew supplies and hardware being delivered is the Bigelow Expandable Activity Module, or BEAM. This technology demonstration will study the radiation protection, thermal performance and operations of expandable habitats for possible use on future deep space missions – including the journey to Mars. This is SpaceX’s eighth contracted mission to the station under NASA’s Commercial Resupply Services contract.

NASA Seeds Planted in White House Garden

NASA Deputy Administrator Dava Newman and astronaut Cady Coleman were among those invited to help First Lady Michelle Obama plant the White House Kitchen Garden on April 5. Newman and Coleman planted the same variety of “Outredgeous” romaine lettuce grown, harvested and eaten by astronauts onboard the International Space Station. This is the eighth year Michelle Obama has welcomed students and others to help plant the garden.

Grunsfeld Retiring on April 30

NASA’s Associate Administrator for science and astronaut John Grunsfeld announced on April 5 he will retire from the agency April 30 — capping nearly four decades of science and exploration with the agency. Grunsfeld has directed NASA’s Earth and space science activities since 2012 – managing more than 100 missions – many that have produced groundbreaking findings and discoveries. He was inducted into the U.S. Astronaut Hall of Fame in 2015. His five space shuttle flights include the last Hubble Space Telescope servicing mission, in 2009. On that flight Grunsfeld helped to successfully upgrade Hubble and became the last human to touch the iconic telescope.

Orion Water Impact Testing

Engineers at NASA’s Langley Research Center in Hampton, Virginia, recently began a series of water drop tests to understand conditions the agency’s Orion spacecraft and crews onboard may experience while landing in the Pacific Ocean, after returning from deep space missions. Specially instrumented crash test dummies in the Orion test vehicle will gather data to help engineers ensure astronauts will be protected from injury during future splashdowns. Each test in the series simulates different wind conditions, velocities and wave height scenarios that Orion may experience during parachute-assisted landings in the ocean.

SLS “Confidence” Fuel Tank Completed

At NASA’s Michoud Assembly Facility in New Orleans final welding was completed recently on a liquid oxygen tank “confidence” article for NASA’s new Space Launch System (SLS) rocket. The rocket’s 200-foot-tall core stage includes a liquid oxygen and a liquid hydrogen tank to feed the rocket’s RS-25 engines. “Confidence” hardware verifies weld procedures are working, as planned. All welding for the core stage is expected to be completed this summer in preparation for the rocket’s first un-crewed test flight with Orion in 2018.

Environmentally Responsible Aviation

During a recent visit to Ames Research Center at Moffett Field, California, NASA’s Associate Administrator for aeronautics Jaiwon Shin was briefed on some of the work at the center helping to advance green aviation technologies and concepts that support the agency’s Environmentally Responsible Aviation (ERA) project. Shin also handed out awards during a ceremony to honor employees who have distinguished themselves with their work ethic during fiscal year 2015.

Women of NASA Headquarters

A recent open house and membership drive sponsored by the Women of NASA (WON) Headquarters featured remarks from Deputy Administrator Newman, Chief Scientist Ellen Stofan, Brenda Manuel, associate administrator for Diversity and Equal Opportunity, and others. The new headquarters employee resource group seeks to encourage diversity, inclusion and equity in the workplace, and support the advancement and professional growth of women in federal service at NASA headquarters and throughout the agency.

And that’s what’s up this week @NASA …

For more on these and other stories follow us on social media and visit www.nasa.gov/twan.

Last Updated: April 9, 2016
Editor: Gary Daines

日本語訳

今週一週間で起きた幾つかの出来事をお送りする「今週のNASA」です!

SpaceX社のドラゴン貨物輸送船がISS(国際宇宙ステーション)に向けて打ち上げ

SpaceX社ドラゴン貨物宇宙船が、国際宇宙ステーションに補給するためにフロリダ州のケープカナベラル空軍基地から4月8日、ファルコン9ロケットに搭載されて打ち上げられました。約7,000ポンドにおよぶ科学計測機や、搭乗員の消耗材、装置に加えてビゲロー社の拡張活動モジュール(BEAM)も搬入されます。BEAMは放射線防護、熱性能と、宇宙空間で居住するために必要となる機能の研究するための技術検証モジュールで、将来の火星へ旅を実現するためにも必要なものです。この貨物輸送はNASAの商業補給サービス契約の中の一つで、SpaceX社と契約した八番目のものです。

宇宙ステーションで収穫した種をホワイトハウスの庭に

NASAの副部長デーヴァニューマンと宇宙飛行士のキャディコールマンは、4月5日にファーストレディであるミシェルオバマに招かれた際に、庭園に種をまくのを手伝いました。ニューマンとコールマンは、国際宇宙ステーション内で宇宙飛行士が育てて、収穫したのと同じ「Outredgeous」という名のロメインレタスを植えました。これは8年目となる庭園の種まきに、ミシェルオバマが学生や他の人をホワイトハウスに迎えた時のことです。

グランフェルドが4月30日で退任

NASAの科学部門と宇宙飛行士部門の副長官であるグランフェルドが4月30日に退任すると、4月5日に発表されました。グランフェルドは40年に渡り科学と宇宙探索に関して責任を負ってきました。グランフェルドは2012年からNASAの地球と宇宙科学に関する活動をみてきており、100以上のミッションを推進させて、数多くの発見や知見を提供してくれました。彼は2015年に、米宇宙飛行士記念館に殿堂入りをしました。2009年のハッブル宇宙望遠鏡の修理を含む5回にわたるスペースシャトルでの宇宙飛行は特に大きな功績です。彼はハッブル宇宙望遠鏡に最後に触れた人間でもあるのです。

オリオン宇宙船の耐水衝撃試験

バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究センターのエンジニアたちは、政府が契約しているオリオン宇宙船と乗組員を乗せた状態で、着水に関する一連の試験を始めています。オリオン宇宙船は、宇宙から帰還する際に太平洋に着水する計画であるためです。クラッシュテストのためのダミー装置がオリオン宇宙船の中に組み込んであり、実際に宇宙飛行士が着水する際に怪我をしないように、ダミー装置を使ってデータを収集しているのです。風、速度、波の高さなどの異なる条件設定で、オリオン宇宙船がパラシュートで海面に着水するシミュレーションテストが繰り返されています。

SLSの燃料タンクが完成

ニューオーリンズにあるNASAのミシュー組み立て工場で、NASAの新しいスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケット用液体酸素タンク の最後の溶接を終えたところです。200フィートの高さのロケットのコアの部分は、ロケットのRS-25エンジンに供給する液体酸素と液体水素タンクを内蔵しています。溶接が要求仕様通りにできているか確認されています。全ての溶接は、2018年の最初のロケットのテスト飛行の準備のために、この夏に完了する予定です。その際のオリオン宇宙船には搭乗員は乗り込まずに無人でテストが実施されます。

環境保護に取り組む航空技術

NASAの航空部門のジャイウォンシン副長官は、先ごろのカリフォルニア州モフェットフィールドにあるエイムズ研究センターへの訪問中に、グリーン航空技術に中心的な役割を果たすいくつかの研究成果と、政府機関の環境保全に役立つ航空(ERA)プロジェクトのコンセプトに関して説明を受けました。シン副長官は、訪問期間中に式典に参加し、2015年度で仕事に関し頑張った従業員を表彰しました。

NASA本部の女性たち

NASA(WON)本部の女性が主催する最近のオープンハウスは、副管理者ニューマン、チーフサイエンティストのエレンストファン、ブレンダマヌエルにより、多様性と機会均等、および他のテーマで開催されました。新本社の人事部は、職場における多様性、平等と、連邦サービスとして女性の地位向上と専門スキルの成長を支援することを目指しています。

以上が「今週の@NASA」でした。

詳しくは、ソーシャルメディアやサイト(www.nasa.gov/twan)をご覧になってください。

 



【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする