NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.04.12:小型の太陽に送電線?

calendar

オリジナル英文URL:T-38C Passes in Front of the Sun at Supersonic Speed

An Air Force Test Pilot School T-38C passes in front of the sun at a supersonic speed, creating shockwaves that are caught photographically for research. NASA is using a modern version of schlieren imagery to visualize supersonic flow phenomena with full-scale aircraft in flight. The results will help engineers design a quiet supersonic transport.

Image Credit: NASA/Ken Ulbrich
Last Updated: April 12, 2016
Editor: Sarah Loff


太陽の前を超音速で通過するT-38C

空軍のテストパイロットが、T-38Cで太陽の前を超音速で通過した際にできた衝撃波が写真に写っています。NASAでは、航空機が飛行中に発生させる衝撃波の現象を可視化させるために、現在の最新技術を施したシュリーレン光学観測手法を使用しています。それが音速輸送の設計をしている技術者たちの役に立っているのです。

訳者注

一見すると、何の写真かわかりません。

小型の太陽に送電線を付けたようでもあり...

実態は超音速の航空機の作る衝撃波の可視化でした。

無理に太陽を背にすることもなかろうにとは思うものの...

NASAで衝撃波の研究している背景は、現在音速飛行の衝撃波が地上にもたらす影響のために、音速飛行は場所、時間など、厳しく制限されています。

これが地上を含めて衝撃波の影響を弱めることができると、音速による物流運搬の効率化が図られるだろうということです。

なお、シュリーレン光学観測手法とは、150年も昔からある光学的観測手法で、屈折率のむらを明暗として観測するものです。

シュリーレン現象(シュリーレンげんしょう)とは、透明な媒質の中で場所により屈折率が違うとき、その部分にしま模様やもや状の影が見える現象である。屈折率の差が大きければ肉眼でも観測される。この現象を利用した流体の光学的観測法をシュリーレン法と呼ぶ。シュリーレンはドイツ語の Schliere(むら)に由来する。

砂糖や食塩などの結晶を水中に入れて放置したり、溶質の濃度が大きく異なる2種類の水溶液を混合したときに発生するもやのようなゆらぎはシュリーレン現象である。

また、暑い日、長時間直射日光が当たった自動車などの上に、もやのようなものが立ち上ることがあるが、これは温度によって空気の密度が異なることで屈折率が変わり生じるもので、シュリーレン現象の1つである。これは陽炎と呼ばれている。(出典:Wiki)

T-38C

T-38はアメリカ合衆国のノースロップ社が開発した練習機。愛称はタロン(Talon:猛禽類の鉤爪の意)。

練習機ながらアフターバーナーを装備し、超音速を発揮できる。優秀な双発ジェットの高等練習機として知られ、総数1,000機以上が生産された。(出典:Wiki)

 


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする