NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.04.15:25年前の歴史的瞬間

calendar

オリジナル英文URL:April 14, 1981, Landing of First Space Shuttle Mission

The rear wheels of the space shuttle orbiter Columbia touched down on Rogers dry lake at Edwards Air Force Base, NASA’s Armstrong Flight Research Center (then Dryden), California, to successfully complete a stay in space of more than two days. Astronauts John W. Young, STS-1 commander, and Robert L. Crippen, pilot, were aboard the vehicle.

Photo Credit: NASA
Last Updated: April 15, 2016
Editor: Sarah Loff


1981年4月14日スペースシャトルが最初のミッションを終えて着陸

スペースシャトルのコロンビア号が、宇宙での2日間以上の滞在を無事終えて、カリフォルニアにあるNASAのアームストロング飛行研究センター(当時ドライデン)、エドワーズ空軍基地のロジャース湖跡に、後輪を着地させたところです。宇宙飛行士ジョン・W・ヤングとSTS-1司令官であるロバート・L・クリッペンの2名が搭乗していました。

訳者注

この歴史的瞬間を見るために20万人以上が詰めかけたそうです。

その後...

2003年1月16日から始まったSTS-107ミッションを終える直前に悲劇は起きたのでした。

コロンビア号空中分解事故(コロンビアごうくうちゅうぶんかいじこ)は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。


地上から午前8時57分頃に撮影されたコロンビア。左主翼から破片が散り始め、前縁部も変形しているのが確認できる。

(出典:Wiki)


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする