NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.06.14:商用物資補給機の最後の旅立ち

calendar



オリジナル英文URL:Cygnus Cargo Craft Released From Space Station

Orbital ATK’s Cygnus cargo craft is released from the International Space Station in this June 14, 2016, photograph by ESA astronaut Tim Peake. Once Cygnus reached a safe distance, ground controllers at NASA’s Glenn Research Center initiated the sequence for an experiment design to better understand how fire spreads in a microgravity environment.
Image Credit: ESA/NASA
Last Updated: June 16, 2016
Editor: Sarah Loff


シグナス物資補給機が国際宇宙ステーションから離脱

オービタルATK社のシグナス物資補給機が、2016年6月14日に国際宇宙ステーションから離脱するところをESAの宇宙飛行士ティム・ピークが撮影しました。シグナスは、NASAのグレン研究センターの制御により、微小重力環境における火災の延焼実験のため、いったん宇宙ステーションから安全な位置まで離されます。

訳者注

NASAの関連記事は、このシグナス物資補給機の今後について伝えています。

Cygnus will continue to orbit Earth for up to eight days as it transmits hi-resolution imagery and data from the Saffire experiment. Following complete data transmission, the Cygnus spacecraft will complete its destructive entry into the Earth’s atmosphere on June 22.

シグナスは、この後地球を8周周回し、その間”Saffire experiment”(耐火実験)の高解像度画像を送信してきます。そのデータを送信し終えたのち、シグナスの機体は6月22日に地球の大気圏に突入して最期を迎えます。
【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

約6万個の星が見える家庭用光学式プラネタリウム!
【送料無料】セガトイズ〔SEGATOYS〕 ホームスター Classic家庭用 プラネタリウム パールホワイト・メタリックネイビー HS780943・HS780950【D】【DW】

この記事をシェアする