NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.09.12:嵐が過ぎるのを待つ航空機たち

calendar



オリジナル記事:At Hangar, Raptors Find Shelter from the Storm

As Tropical Storm Hermine charged up the East Coast Sept. 2, 2016, Langley Air Force Base reached out to the Research Services Directorate and NASA Langley Research Center hangar manager Dale Bowser to see if NASA Langley could store a few F-22 Raptors. Even though the hangar in Hampton, Virginia, already had a large visitor — a C-130 from the Wallops Flight Facility on Virginia’s Eastern Shore — the hangar was able to carefully sandwich in more than a dozen Air Force fighters and offer them protection from the wind. NASA Langley photographer David C. Bowman captured the image using a fish-eye lens and shooting down from the hangar’s catwalk some 70 feet above the building’s floor.

The hangar provides 85,200 square feet (7,915 square meters) of open space and large door dimensions that allow for entry of big aircraft such as Boeing 757s and other commercial or military transport-class planes. The hangar normally is home to 13 of NASA Langley’s own research aircraft, when they are not out doing atmospheric science or aeronautics research. Still, there is enough space to share with neighboring Langley Air Force Base during emergencies. The facility is rated for at least a Category 2 hurricane.

Built in the early 1950s, it was designed to fit a B-36. It can also accommodate the Super Guppy, which visited NASA Langley in 2014.

Image credit: NASA/David C. Bowman
Last Updated: Sept. 12, 2016
Editor: Samuel McDonald


格納庫にて。飛行機たちが嵐を避けるシェルターを探してやってきました

熱帯性低気圧ハリケーンが、2016年9月2日に東海岸に迫り、ラングレー空軍基地は、NASAラングレー研究センターの格納庫に何機かのF-22戦闘機を格納できないか研究サービスマネージャのデール・クッパに確認を依頼しました。すでに格納庫内に駐機していたバージニア州イースタンショアのワロップス飛行施設からのC-130の1機、この大型機をサンドイッチで挟むように、慎重に1ダース以上の空軍の戦闘機を並べ、風から護ることができます。NASAのラングレー所属の写真家デビッド・C・ボーマンは、格納庫の建物の床上70フィートのキャットウォークから、魚眼レンズを用いて撮影しました。

この格納庫は、ボーイング757sや、その他の商用、軍用の輸送機クラスの大きな航空機の駐機を可能にするオープンスペースであり、85,200平方フィート(7,915平方メートル)あります。格納庫は通常、大気科学観測や航空機の飛行研究を行っていない時は、NASAのラングレー研究航空機13の住み家になっています。それでも、緊急時にはラングレー空軍基地に隣接しているので、格納庫を共有するのに十分なスペースがあります。この施設は、少なくともカテゴリー2のハリケーンでも耐えられるものです。

1950年代初頭に建てられ、B-36でも大丈夫なように設計されました。また2014年にはNASAのラングレーに訪れたスーパーグッピーを格納することもできました。

訳者注

格納庫の広さをイメージさせるために、大型機の名称がいくつか出てきています。

Wikiから

B-36

スーパーグッピー

F-22

C-130

この記事をシェアする