NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.12.09:ナミブ砂漠

calendar



オリジナル記事:Linear Dunes, Namib Sand Sea

An astronaut aboard the International Space Station (ISS) used a long lens to document what crews have termed one of the most spectacular features of the planet: the dunes of the Namib Sand Sea.

Image Credit: NASA
Caption: M. Justin Wilkinson, Texas State University, Jacobs Contract at NASA-JSC
Last Updated: Dec. 9, 2016
Editor: Marc Levy


リニア砂丘、ナミブ砂海

国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗している宇宙飛行士が望遠レンズを使って、地球上の最も壮大な地形の一つであると記したナミブ砂漠を撮影しました。

訳者注:

この画像は2016年3月27日に、国際宇宙ステーションから500ミリメートル望遠レンズを装着したNikon D4デジタルカメラで撮影されたものですが、クリッピングやノイズ削減処理、コントラストの調整などの画像処理を加えています。

画像に注記を加えたものはこちら

ナミブ砂漠 – Wiki

ナミブ砂漠(英語: Namib Desert)はナミビア大西洋側に位置する砂漠。北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及ぶ。南北は1,288km、東西は幅48kmから161km。面積は約50,000km²にわたる。約8000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠と考えられている。「ナミブ」は主要民族であるサン人の言葉で、「何もない」という意味である。

この記事をシェアする