NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

【動画】2017.02.24:居住可能な惑星のはなし

calendar

reload

【動画】2017.02.24:居住可能な惑星のはなし

オリジナル記事:The Most Earth Size, Habitable Zone Planets around a Single Star on This Week @NASA – 02/24/2017

NASA held a news conference Feb. 22 at the agency’s headquarters to discuss the finding by the agency’s Spitzer Space Telescope of seven Earth-sized planets around a tiny, relatively nearby, ultra-cool dwarf star. Three of the planets in this system, known as TRAPPIST-1, are in the habitable zone – the region around the star in which liquid water is most likely to thrive on a rocky planet. This is the first time so many planets have been found in a single star’s habitable zone outside our solar system, and is the best target yet for studying the atmospheres of potentially habitable, Earth-sized worlds. Also, Kennedy’s Pad 39A, Back in Business, Russian Cargo Ship Arrives at Space Station, RS-25 Engine Tests Resume at Stennis, Structural Testing Begins on SLS Hardware, and 55th Anniversary of Friendship 7 Flight!


今週のNASA@NASA – 02/24/2017 恒星の周囲の居住可能なゾーンにある地球サイズの惑星

NASAは2月22日、比較的近くにある超低温の小さな矮星の周囲に7つの地球サイズの惑星をスピッツァー宇宙望遠鏡により発見したと当局の本部で記者会見を開きました。TRAPPIST-1として知られているこのシステムの3つの惑星は居住可能ゾーンにあり、岩石の多い惑星で液体の水もあり生命の存続の可能性が見込まれます。 太陽系外の恒星のシステムの居住可能なゾーンで発見された惑星で、これほど多くの惑星があることははじめてであり、潜在的に居住可能な地球規模の対象天体として研究するには最良のターゲットとなります。 またその他のニュースとして、ケネディのパッド39A、商用で復帰したロシアの貨物船が宇宙ステーションに到着、RS-25エンジンテストが再開、SLSの構造試験の開始、初の地球軌道到達55周年、と目白押しです!

この記事をシェアする