NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.11.11:棚氷の情報をゲッツ!

calendar



オリジナル記事:Getting to Know the Getz Ice Shelf

As scientists and crew with NASA’s Operation IceBridge mission prepared for a research flight on Nov. 5, 2016, the weather in Punta Arenas, Chile, was cold, wet, and windy. But when they reached their survey site in West Antarctica, skies were clear and winds were calm—a perfect day for scientists to collect data over the Getz Ice Shelf.

Additional images and related reading: NASA’s Earth Observatory
Image Credit: NASA/Jeremy Harbeck
Caption: Kathryn Hansen
Last Updated: Nov. 11, 2016
Editor: Sarah Loff


ゲッツ棚氷を知る

2016年11月5日にNASAのアイスブリッジの調査隊の科学者と乗組員が研究飛行の準備をしていました。チリのプンタアリーナの天気は寒く、雨が降り、風が強く吹いていました。しかし、南極西部の調査地点に到達した時には、空は平静で風は静かでした。科学者がゲッツ棚氷のデータを完璧に収集することができた日となりました。

訳者注:

この写真は2016年11月5日にアイスブリッジ観測機からゲッツ棚氷撮影したものです。

ゲッツ棚氷は氷の溶ける速さが最も速い棚氷の一部です。

アイスブリッジは極地方の氷の観測を始めて8年目になります。

多くの貴重な観測データが貯まることで今後の地球の気象変化の予測に役立つことが期待されています。

ゲッツ棚氷 – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲッツ棚氷

ゲッツ棚氷(ゲッツたなごおり、英語: Getz Ice Shelf)は、南極にある棚氷。南極大陸西部(西南極)のマリーバードランドにある。

長さは約480km、幅は約32から96km(20から60マイル)。マクドナルド高地とマーティン半島の間に位置する。いくつかの島が棚氷地域内にある。

この記事をシェアする