NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2017.01.07:火星から地球と月を見るとこんな感じに…

calendar



オリジナル記事:Your Home Planet, as Seen From Mars

Here is a view of Earth and its moon, as seen from Mars. It combines two images acquired on Nov. 20, 2016, by the HiRISE camera on NASA’s Mars Reconnaissance Orbiter, with brightness adjusted separately for Earth and the moon to show details on both bodies.

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona
Last Updated: Jan. 7, 2017
Editor: Martin Perez


火星から見たあなたの故郷の惑星

火星から見た地球と月の画像です。 2016年11月20日にNASAの火星探査機オービターのHiRISEカメラで撮影した2つの画像を組み合わせ、地球と月の輝度を別々に調整して地表の詳細がわかるように処理してあります。

訳者注:

地球の大陸の大きさ(分かりにくいのですが見えているのはオーストラリア大陸です)と月の相対的な大きさがわかるという画像です。
記事にもありますように別々に撮影したデータを画像処理してあるそうです。
地球と月との距離は、地球の直径の約30倍あるのでこの画像のような位置関係で見ることができます。
こうした画像で地球と月を見ることができるのも火星観測をしている賜物だと、自画自賛的に伝えています。

この記事をシェアする