NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.05.21:あなたも小型衛星はいかが

calendar

約6万個の星が見える家庭用光学式プラネタリウム!
【送料無料】セガトイズ〔SEGATOYS〕 ホームスター Classic家庭用 プラネタリウム パールホワイト・メタリックネイビー HS780943・HS780950【D】【DW】


オリジナル英文URL:CubeSats Deployed From the International Space Station

CubeSats fly free after leaving the NanoRacks CubeSat Deployer on the International Space Station on May 17, 2016. Seen here are two Dove satellites. The satellites are part of a constellation designed, built and operated by Planet Labs Inc. to take images of Earth from space.

Image Credit: NASA
Last Updated: May 21, 2016
Editor: Sarah Loff


国際宇宙ステーションから放出されたCubeSats(小型衛星)

2016年5月17日に国際宇宙ステーションのナノラック社の小型衛星の放出装置から放たれて、自由に飛行しています。2基の衛星が見えいています。この衛星は、宇宙から地球の画像を撮影するためプラネットラボ社が設計、製造、運用を担当している衛星の内の2基です。

訳者注

小型衛星は、家を建てる、マンションを購入するよりは費用が安いです。

日本でも、個人で小型衛星を手掛ける人がでてくるかも。

CubeSat(キューブサット):Wiki

CubeSat(キューブサット)は大学の研究室などが製作する数キログラム程度の小型人工衛星である。ピギーバック衛星として打ち上げられることを前提としており、打ち上げ費用を極力抑えることができる。2003年6月に世界初のCubeSatが打上げられた。

世界中の多くの大学・企業・組織がCubeSatを開発している。CubeSatは極めて小型・軽量であり、複数のCubeSatをまとめて打ち上げることが出来るので、1UサイズのCubeSat1個あたり、65,000から80,000米ドル程度(2004年時点)の費用で打ち上げることができる。これは、一般の人工衛星の打ち上げ費用と比べると非常に安価であり、この打ち上げ費用の安さが世界中の多くの大学やその他の教育機関などで人工衛星の開発・打ち上げに参加することを可能にしている。

2012年10月4日にきぼうから放出されたにわか衛星、F-1、TechEdSat

 

 

この記事をシェアする