NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.06.20:宇宙ステーションからの帰還

calendar



オリジナル英文URL:Expedition 47 Soyuz Landing

The Soyuz TMA-19M spacecraft is seen as it lands with Expedition 47 crew members Tim Kopra of NASA, Tim Peake of the European Space Agency, and Yuri Malenchenko of Roscosmos near the town of Zhezkazgan, Kazakhstan on Saturday, June 18, 2016. Kopra, Peake, and Malenchenko are returning after six months onboard the International Space Station.

Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)
Last Updated: June 20, 2016
Editor: Sarah Loff


第47次長期滞在クルーが搭乗しているソユーズが着地

NASAのティム・コプラ、欧州宇宙機関のティム・ピーク、そしてロスコスモスのユーリ・マレンチェンコを乗せたソユーズ宇宙船TMA-19Mが、2016年6月18日土曜日にカザフスタンのゼスカズガンの近くに着地しました。コプラ、ピーク、そしてマレンチェンコは、国際宇宙ステーションに6か月間滞在してから帰還してきました。

訳者注

ユーリ・マレンチェンコ”Yuri Malenchenko”が所属しているロスコスモス”Roscosmos”はロシアの国営企業です。

ロスコスモス(ロシア語: Государственная корпорация по космической деятельности “Роскосмос”, 英語: Roscosmos State Corporation for Space Activities)は、ロシアにおける宇宙開発全般を担当する国営企業である。本部はモスクワ付近の町、スターシティに存在する。

ロスコスモス社の形態となったのは2016年からであり、元々はロシアの宇宙科学、航空工学などを担当していた宇宙開発機関のロシア連邦宇宙局(通称は同じくロスコスモス)と、ロシアの民間宇宙企業を統合して設立された国営企業統一ロケット・宇宙会社 (ORKK) に端を発している人類初の人工衛星や有人宇宙飛行を成し遂げたソビエト連邦の宇宙開発を継承する組織である。(出典:Wiki)

このソユーズの着地の様子の一連の写真が公開されています。

 

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

約6万個の星が見える家庭用光学式プラネタリウム!
【送料無料】セガトイズ〔SEGATOYS〕 ホームスター Classic家庭用 プラネタリウム パールホワイト・メタリックネイビー HS780943・HS780950【D】【DW】

この記事をシェアする