NASAの最新情報と画像を毎日1分でチェック

アメリカ航空宇宙局の最新情報を日本語で掲載します。平日は1枚の写真、週末は1本の動画でNASAの現状把握ができます

2016.04.26:カスピ海に見える不思議な線

calendar

オリジナル英文URL:Ice Scours the North Caspian Sea

The Operational Land Imager (OLI) on NASA’s Landsat 8 satellite acquired this large natural-color image showing a wide view of the Caspian Sea around the Tyuleniy Archipelago on April 16, 2016. Ocean scientist Norman Kuring of NASA’s Goddard Space Flight Center found a puzzling feature in the image — lines crisscrossing the North Caspian Sea.

Image Credit: NASA image by Norman Kuring, NASA’s Ocean Color web
Caption: Kathryn Hansen
Last Updated: April 26, 2016
Editor: Sarah Loff


NASAは、ランドサット8衛星に搭載されている気象カメラ(OLI)で、4月16日にTyuleniy列島の周りのカスピ海を広域撮影した天然色の画像を公開しました。NASAのゴダード宇宙飛行センターの海洋科学者ノーマン・クーリンは、画像の中に、北カスピ海を縦横にはしる不思議な線を見つけました。

訳者注

NASAのこの写真と、記事だけでは「縦横にはしる不思議な線」というのが分かり難いので、

http://earthobservatory.nasa.gov

にある拡大写真を掲載しました。

tyuleniy_oli_2016097_zoom
画像クリックで拡大表示(720×480)します

なるほど!これは不思議!?

NASAの記事によりますと、暗緑色の部分は、おそらく海底の草や藻類で、問題の線は氷片が動く際に海底を引っ掻いて、できたのだろうということです。

Tyuleniy列島

この列島はカスピ海のカザフスタン領内にあります。


カスピ海でのTyuleniy列島の位置(Wiki)


Tyuleniy列島の島々(Wiki)


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

この記事をシェアする